OSCMA 海外安全・危機管理の会

NPO法人 海外安全・危機管理の会


会員専用ページへ

講演会・イベント

第一回OSCMA危機管理シンポジウムのご案内(5月31日開催)

平素は、格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

さて、この度NPO法人「海外安全・危機管理の会(OSCMA)」では、2016年7月のダッカ・レストラン襲撃テロ事件での日本人唯一の生存者である渡辺玉興氏と、シリアで3年間拘束され2018年10月に生還されたジャーナリスト安田純平氏を講師にお招きして、「テロ・誘拐と危機管理」と題したシンポジウムを開催することとなりました。

また、2019年4月に発生しましたスリランカ連続自爆テロにつきましても、当会代表理事の菅原出より現地での調査結果を踏まえて報告をさせていただきます。皆様のお役に立つ情報提供の機会となれば幸甚です。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようご案内申し上げます。

 

日時:2019年5月31日(金)14時~17時30分(13時30分受付開始)

会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター【5F】ホール5C
東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル
JR総武線 市ケ谷駅 徒歩2分 、東京メトロ南北線 市ケ谷駅 7番出口 徒歩1分 ,
東京メトロ有楽町線 市ケ谷駅 7番出口 徒歩1分 、都営新宿線 市ケ谷駅 4番出口 徒歩2分
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-ichigaya/access/

プログラム:
14:10〜16:30
講演① 「スリランカ連続自爆テロ 〜脅威と教訓〜」
講師:菅原 出(国際政治アナリスト、OSCMA代表理事)
講演② 「ダッカ・テロ事件を経験して 〜事件発生前から救出まで何を考えどう行動したのか〜」
講師:渡辺玉興氏(株式会社アルメックVPI 海外業務室長)
講演③ 「人質体験と危機管理 ~拘束期間中、何を考えどう生き残ったのか?~」
講師:安田純平氏(ジャーナリスト)
16:45〜17:30
パネルディスカッション:
モデレーター:菅原 出
パネリスト:渡辺玉興氏、安田純平氏
総合司会:葛城奈海氏(ジャーナリスト)

会費:5,000円
(当日、会場の受付にて現金でお支払いください。領収書をお渡しします。また会場受付にて、お名刺を1枚頂戴いたします。)

定員:140名

お申し込み方法:こちらのフォームからお申し込みください。

>>お申し込みフォームへ

※定員に達し次第、締め切らせていただきますのでご了承ください。申込者数が定員をオーバーした場合は、お申し込みをお断りする場合がございます。

申込み締切日:5月24日(金)

お問い合わせ先:NPO法人海外安全・危機管理の会
npooscma@oscma.org
担当:荒川・長谷川
携帯:

協賛:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
 

NPO法人

海外安全・危機管理の会

入会のご案内

詳しくはこちら>>

安全情報コラム









“海外安全研鑽会”/

OSCMA懇話会

Copyright (C) Overseas Security & Crisis Management Association All rights reserved.