OSCMA 海外安全・危機管理の会

NPO法人 海外安全・危機管理の会


会員専用ページへ

講演会・イベント

第15回外交安全保障月例セミナー(オンライン講座)のご案内

7月もオンライン講座として月例セミナーを開催いたします。

今回は、東京福祉大学大学院の志田淳二郎特任講師をお招きして、「ハイブリッド戦争の理論と実践」についてご講演いただきます。2014年のウクライナ危機では、所属を表す標章のない緑色の迷彩服に身を包んだ謎の武装集団がクリミアに表れ、ロシアの「ハイブリッド戦争」という言葉が聞かれるようになったが、その後のロシアは中東やアフリカで同じような形で紛争に介入を続けている。

またシリア民兵部隊をリビアに送るトルコや、イラクのシーア派民兵を使って対米攻撃を仕掛けるイランなど、今や世界はハイブリッド戦争の時代に突入したように見える。今回は、ハイブリッド戦争を学術的に研究されている志田氏に、その理論と実践についてお話しいただきます。

奮ってご参加ください。

NPO法人 海外安全・危機管理の会(OSCMA)
代表理事 菅原 出

 

【第15回外交安全保障月例セミナー(オンライン講座)】

日時:2020年7月17日(金)17:30~20:00

【当日の流れ】

参加申込者には事前に登録メールアドレスにオンライン講座受講のご案内と招待メールをお送りいたしますので、案内に従い当日の講演15分前にはオンラインで会議室にアクセスをお願いいたします。

・17:15:オンライン会議に各自アクセス開始

・17:30:分析会(調整中)

・18:00:講演「ハイブリッド戦争の理論と実践」
     講師:志田淳二郎氏(東京福祉大学大学院特任講師)

     政治学博士(中央大学)。中央大学法学部助教、笹川平和財団米国(ワシントンD.C.)客員
     準研究員等を経て2019年から現職。著書に『国際法遵守の管理モデル』(共訳・中央大学
     出版部、2018年)、『2020年 生き残りの戦略―世界はこう動く!-』(共著・創成社、
     2020年)、『米国の冷戦終結外交ージョージ・H・W・ブッシュ政権とドイツ統一』(単
     著・有信堂、2020年)

・20:15:有志でオンライン懇親会(無料・飲み物・おつまみは各自用意)

【セミナー参加費】

学生:500円

社会人:2,000円

OSCMA会員(法人正会員、個人正会員、学生会員):無料

※学生向け回数券(セミナー5回分)2000円、社会人向け回数券(セミナー5回分)8000円の購入も可能です!

【お申し込み】

下記メールアドレスに、①お名前、②ご所属、③連絡先電話番号、をお知らせください。

OSCMA外交安全保障サマーセミナー事務局・長沢健太(gaikoanpo@gmail.com) 

【締め切り】7月14日(火)

【今後の予定】

8月7日:「イランの対米戦略(仮題)」講師:坂梨祥氏(日本エネルギー経済研究所中東研究センター
     長代行)

9月4日:「トランプの再選戦略と米大統領選挙の行方(仮題)」講師:渡瀬裕哉氏(早稲田大学公共政
     策研究所招聘研究員)

10月23日:「リビア紛争と東地中海をめぐる安全保障情勢(仮題)」講師:小林周氏(日本エネル
      ギー経済研究所中東研究センター研究員)
 

NPO法人

海外安全・危機管理の会

入会のご案内

詳しくはこちら>>

安全情報コラム









“海外安全研鑽会”/

OSCMA懇話会

Copyright (C) Overseas Security & Crisis Management Association All rights reserved.