OSCMA 海外安全・危機管理の会

NPO法人 海外安全・危機管理の会


会員専用ページへ

危機管理人材育成講座(ご案内)

受講者募集のご案内

2021年に入ってからも新型コロナウィルス感染拡大問題は各方面に大きな影響を及ぼしており、ミャンマーでの軍事クーデターの発生、イエメン紛争の激化や米中対立のエスカレートなど、海外で活動する企業や団体にとって危機管理の重要性がこれまで以上に高まっております。

NPO法人海外安全・危機管理の会(OSCMA)では、ますます不安定化が増す世界の中で、様々な危機事態に対応できる人材の育成に貢献すべく、「危機管理人材育成講座」を昨年4月に開講し、100名近い方々にご参加いただきました。4月より新たなプログラムを加えて2021年度の講座をスタート致します。

貴社の危機管理担当者の人材育成に当講座をお役立ていただければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

NPO法人海外安全・危機管理の会(OSCMA)
代表理事 菅原 出

 

 

>> 2021年度 危機管理人材育成講座 応募要項へ

2021年 プログラム(前期)

日時 講義内容 講師
第1回:4月19日(月)
15:00-17:00
無料オンライン講座

15:00-16:00
「世界の治安情勢とテロ・リスク」
国際情勢の大きなトレンドや新たなリスクについての認識を深めたいと思います。

 

「バイデン外交、米中対立と世界の治安情勢」
OSCMA代表理事の菅原が、バイデン政権の外交・安全保障政策によって米中「新冷戦」が世界中に波及し、新たな政治リスク、治安リスクを生む可能性があることを解説します。

菅原 出(国際政治アナリスト、NPO法人海外安全・危機管理の会代表理事)

中央大学法学部政治学科卒業後、オランダ・アムステルダム大学に留学。国際関係学修士課程卒。東京財団リサーチ・フェロー、英危機管理会社役員などを経て現職。米国を中心とする外交、中東の安全保障やテロリズム、治安リスク分析や危機管理が専門。著書に『外注される戦争』(草思社)、『秘密戦争の司令官オバマ』(並木書房)、『リスクの世界地図』(朝日新聞出版)、『「イスラム国」の「恐怖の輸出」』(講談社現代新書)、『米国とイランはなぜ戦うのか?』(並木書房)等多数。

16:00-17:00 「最近のテロ情勢と外務省のテロ対策」
外務省領事局邦人テロ対策室長の石丸淳氏に、最近のテロ情勢や外務省の取り組み、<テロ+感染症複合リスク>への備えの重要性についてお話いただきます。
石丸 淳氏(外務省領事局邦人テロ対策室・室長)
1999年外務省入省。総合外交政策局国連政策課、総合外交政策局企画課、在オーストリア日本国大使館一等書記官、総合外交政策局国際平和協力室首席事務官、アフリカ部アフリカ第一課首席事務官、国際協力局国別開発協力第二課首席事務官、国際協力局国別開発協力第一課首席事務官、内閣府情報保全監察室参事官を経て、2020年8月から現職。
第2回:5月20日(木)
15:00-17:00
有料オンライン講座
「南スーダン危機と国外退避」
2016年7月、南スーダンの首都ジュバで大統領派と副大統領派の戦闘が再燃し、現地の治安が急速に悪化。現地で経済協力活動に携わっていたJICA関係者の安全確保が大きな問題となりました。当時JICA南スーダン事務所の所長を務め、JICA関係者の安全確保や国外退避に奔走された古川氏に、当時現場で何が起き、どのように関係者の退避を実行したのかについてお話しいただきます。
古川光明氏(静岡県立大学国際関係学部教授)
学部卒業後、清水建設株式会社での勤務を経て、JICAに入団。その後、JICAタンザニア事務所次長、外務省経済協力局政策課課長補佐、JICA無償資金協力部計画課課長代理、総務部総合調整チーム長、イギリス事務所所長、上席研究員、南スーダン事務所所長、安全管理部部長などを歴任。社会学博士(一橋大学)。2019年4月より現職。
第3回:6月22日(火)
15:00-17:00
有料オンライン講座
「プロに学ぶ情報分析の手法」
危機管理担当者にとって、国際紛争からテロ・暴動まで、海外赴任者・出張者の安全にかかわる様々な脅威情報を収集し分析することは、重要な業務の一つです。元防衛省情報分析官でインテリジェンス関連の著書も多数執筆されている上田篤盛氏に、プロが実践している情報分析の手法についてお話いただきます。
上田篤盛氏(元防衛省情報分析官、軍事アナリスト)
1960年広島県生まれ。防衛大学校(国際関係論)卒業後、1984年に陸上自衛隊に入隊。幹部レンジャー課程修了後、87年に陸上自衛隊調査学校の語学課程に入校以降、情報関係職に従事。1992年から95年にかけて在バングラデシュ日本国大使館において警備官として勤務し、危機管理、邦人安全対策などを担当。帰国後、調査学校教官をへて戦略情報課程および総合情報課程を履修。その後、防衛省情報分析官および陸上自衛隊情報教官などとして勤務。2015年定年退官。著書に『戦略的インテリジェンス入門─分析手法の手引き』『中国が仕掛けるインテリジェンス戦争─国家戦略に基づく分析』『中国戦略“悪”の教科書─兵法三十六計で読み解く対日工作』『武器になる情報分析』『未来予測入門』等多数。
第4回:7月19日(月)
15:00-17:00
「メディカル・インテリジェンスと危機管理」
外務省医務官としてモンゴル、ホンジュラス、アフガニスタンやマイアミで在外公館に勤務され、様々な健康危機から邦人を守る活動に奔走され、また横浜や東京の検疫所で感染症水際対策の最前線を経験された古閑比斗志先生に、人脈と情報を駆使して最悪の事態に備えるシステムづくりの重要性についてお話いただきます。また、新型コロナウィルス対策として地元埼玉県の医療機関と進めている取り組みについてもお話いただきます。
古閑 比斗志氏(NPO法人JAMSNET東京監事/ふかやクリニック院長)
1960年生まれ。89年、愛媛大学医学部卒業。95年、外務省入省後、モンゴル、ホンジュラス、上海、本省専門官、外務省診療所、アフガニスタン、マイアミなど外務省及び在外公館に勤務。帰国後、厚生労働省横浜検疫所検疫衛生課長、関西空港検疫所企画調整官、東京検疫所等に勤務。感染症のみならず、NBC(核・生物・化学)にも造詣が深い。また、NPOを通じて医療支援ネットワーク活動も行う。日本渡航医学会評議員。2020年の著作『ウイルスと外交 メディカル・インテリジェンスの舞台裏』(扶桑社新書)が話題に。
第5回:8月17日(火)
15:00-17:00
「ダッカ・テロ事件を経験して ―事件発生前から救出まで何を考えどう行動したのか」
2016年7月1日にバングラデシュの首都ダッカにあるレストランがイスラム過激派グループの襲撃を受け、外国人18名を含む28名が死亡したテロ事件は、世界中に大きな衝撃を与えました。このテロ事件での日本人唯一の生存者・渡辺玉興氏に事件発生前から救出まで何を考えどう行動したのかについてお話いただきます。
渡辺玉興氏(株式会社アルメックVPI 海外業務室長)
1996年4月「株式会社アルメックVPI」入社以来、20年以上途上国の運輸交通セクター、特に都市交通計画業務や技術協力に従事。フィリピン、インドネシア、ベトナム、タイ、バングラデシュ、インド、トルコでJICA、世界銀行やアジア開発銀行の案件に従事。バングラデシュでは、1999年に世界銀行の案件で渡航して以来数多くの案件に従事。2016年6月からJICAのダッカ都市鉄道1号線と5号線のフィジビリティ調査において総括として参画。
第6回:9月30日(木)
15:00-17:00
「アルジェリア人質テロ事件から考えるハードとソフトのテロ対策」
2013年1月にアルジェリア・イナメナスの天然ガス施設で発生した人質テロ事件は、30名以上のテロリストの集団が、天然ガス施設という国家の重要拠点を襲撃し、日本人10名を含む外国人40名の命を奪った惨事として、今も海外安全・危機管理に携わる人々の記憶に鮮明に残っています。この施設は、ハード及びソフト面でのセキュリティ対策に多くの欠陥があったことから、実践的なテロ対策を考える上で多くの示唆や教訓を与えてくれます。本事件を徹底的に研究したOSCMA代表理事の菅原が、この事件の検証を通じて現場サイトのテロ対策について解説いたします。
菅原 出(国際政治アナリスト、NPO法人海外安全・危機管理の会代表理事)

中央大学法学部政治学科卒業後、オランダ・アムステルダム大学に留学。国際関係学修士課程卒。東京財団リサーチ・フェロー、英危機管理会社役員などを経て現職。米国を中心とする外交、中東の安全保障やテロリズム、治安リスク分析や危機管理が専門。著書に『外注される戦争』(草思社)、『秘密戦争の司令官オバマ』(並木書房)、『リスクの世界地図』(朝日新聞出版)、『「イスラム国」と「恐怖の輸出」』(講談社現代新書)、『米国とイランはなぜ戦うのか?』(並木書房)等多数。

>> 2021年度 危機管理人材育成講座 応募要項へ


 

NPO法人

海外安全・危機管理の会

入会のご案内

詳しくはこちら>>

安全情報コラム









“海外安全研鑽会”/

OSCMA懇話会

Copyright (C) Overseas Security & Crisis Management Association All rights reserved.