OSCMA 海外安全・危機管理の会

NPO法人 海外安全・危機管理の会


会員専用ページへ

安全情報コラム

注:本ニュースは、海外に渡航・滞在される方が、ご自身の判断で安全を確保するための参考情報です。ニュースを許可なく転載することはご遠慮下さい。

エジプト:ロシア機の爆破テロの可能性

2015年11月10日

10月31日、シナイ半島(エジプト東部)のシャルムエルシェイク空港を午前5時58分に離陸し、ロシアのサンクトペテルスブルグに向かっていたロシアの航空会社「コガリムアビア」のエアバスA321旅客機が、午前6時20分に交信を …続きを読む

トルコ:共和国史上最悪のテロ被害

2015年10月15日

トルコの首都アンカラの中心部で10月10日(土)午前10時5分頃(現地時間)、自爆テロ犯2人による連続爆破テロが発生。少なくとも99人が死亡、240人以上が負傷した。現場はアンカラ中央駅正面の交差点付近で、左派系団体が主 …続きを読む

バングラデシュ:日本人殺害テロ

2015年10月06日

10月3日午前、バングラデシュ北部ランプル近郊のマヒガンジ村で、日本人男性(66才)がリキシャ(自転車タクシー)で近くの畑に向かう途中、バイクに乗った3人組に銃撃されて死亡した。 男性は2011年頃からマヒガンジ村をたび …続きを読む

メキシコ:大使館のホームページ情報からみる邦人被害状況

2015年08月31日

今年7月に、メキシコ最大の麻薬組織「シナロア・カルテル」のホアキン・グスマン元最高幹部が、収監されていたメキシコ市郊外にある刑務所から脱獄した。同元幹部の脱獄は2度目で、当局は今回の脱獄に手を貸したと疑われる刑務所職員2 …続きを読む

グローバル:ラマダンとテロ

2015年07月03日

今年は6月18日(木)から中東やアジアの大半のイスラム教国でラマダン(断食月)が始まった。約1か月間続く。ラマダン月の開始と終了は、資格のある宗教関係者らによる新月の確認によって決められる。 この月の日の出から日没まで、 …続きを読む

韓国:中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大

2015年06月04日

6月2日、韓国保健福祉省は、中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)の感染者2人が国内で初めて死亡し、更に初の3次感染が発生したことを発表した。またこれまでの患者数は25人(死亡の2人、渡航先の中国で感染が確認された1名、3 …続きを読む

南アフリカ:外国人移民に対する排斥運動激化

2015年04月24日

今年1月、ヨハネスブルグのソウェト黒人居住区で、ソマリア人が経営する商店で盗みを働こうとした南ア人の少年がソマリア人に射殺される事件が起きた。これに反発した南ア人らが、アフリカ系外国人が経営する商店を襲い、略奪行為が相次 …続きを読む

チュニジア:外国人襲撃テロと外務省渡航情報

2015年03月20日

今年3月18日、午前11時頃、チュニジアの首都チュニス郊外にある(観光名所の)バルドー博物館の駐車場で、イスラム過激派武装集団がバスから降りてきた観光客に銃を乱射し、同館内に侵入して人質を取って立て籠もった。事件発生から …続きを読む

シリア:イスラム国日本人殺害テロとこれからの安全対策

2015年02月04日

今年1月20日、イスラム過激派武装組織(イスラム国と名乗る)が、人質にとった日本人2人(湯川遥菜さんと後藤健二さん)について、日本政府が2億ドルの身代金を72時間以内に支払わなければ2人を殺害すると脅迫するビデオ映像をイ …続きを読む

フランス:ホームグロウン・テロリストによる仏週刊紙銃撃テロ

2015年01月13日

1月7日午前11時半頃、カラシニコフ銃を持った2人組が政治週刊紙「シャルリー・エブド」のパリ本社を襲撃し、編集長ら12人を殺害した。2人組はフランスで生まれ育ったアルジェリア系の兄弟である。シャルリー・エブド紙はこれまで …続きを読む

NPO法人

海外安全・危機管理の会

入会のご案内

詳しくはこちら>>

安全情報コラム









“海外安全研鑽会”/

OSCMA懇話会

Copyright (C) Overseas Security & Crisis Management Association All rights reserved.